阿吽37 『葛城』について 粟谷明生

『葛城』について小書「古式の神楽」を再考する
粟谷 明生

『葛城』というとすぐに思い浮かぶのは、私が平成六年、粟谷能の会で勤めた小書「古式の神楽」のことです。『葛城』の小書「神楽」には、後シテ(葛城明神)が舞う「序之舞」を単に「神楽」に変える「普通の神楽」と、特別な序が入る「古式の神楽」があります。この「古式の神楽」は、昭和三十一年に先代宗家・喜多実先生が演じられてから途絶えていました。従兄弟、粟谷能夫から『葛城』に「古式の神楽」があることを聞かされ、その掘り起こし作業をしたいと思いました。平成六年、三十八歳の時でした。この三年前に能夫と「研究公演」を立ち上げ、様々な試みを研究してよりよい演能をするとし、既成伝承を見直し、埋もれている演出を再考し演じることが私のライフワークとなりました。特に小書は能を様々な角度から見つめ深めるには打って付けの目標ターゲットとなりました。

 

「古式の神楽」はしばらく演能が絶えていたことや、囃子方が限定されていること(笛・森田流、小鼓・幸流、大鼓・葛野流、太鼓・金春流)、伝書が限られた者にしか残っていないこともあって、掘り起こしにはいろいろ難儀しました。そのとき背中を押してくださったのが金春惣右衛門先生でした。先生のご助言もあり、囃子方のご協力もいただき「古式の神楽」に取り組むことができました。そのときは伝書通り勤めたのですが、とても時間がかかり、やや冗漫な印象を与える演出になってしまいました。

 

そこで今回、第94回粟谷能の会(平成二十五年十月十三日)では、この「古式の神楽」を少し短縮し、観ていて飽きない神楽にしたい、と心掛けて再演しました。

 

今回ご一緒いただいた、笛・杉信太朗氏、小鼓・横山幸彦氏、大鼓・亀井広忠氏、太鼓・金春国和氏の皆様には、ここに深く感謝お礼を申し上げます。

 

神楽の縮小方法については後ほど述べるとして、『葛城』という曲を勤めるにあたって私の感想などをご紹介します。

 

『葛城』は、古今和歌集から引いた「しもと結う葛城山に降る雪は間なく時なく思ほゆるかな」を象徴的に、間なく時なく降る真っ白な雪景色と、そこで出会う山伏達(ワキとワキツレ)と里女(前シテ)の温かい交流の場(前場)から描かれます。「しもと」とは細い枝のことで、これを薪として暖をとるものです。舞台となる葛城山は古くは修験霊場であって、金剛山をはじめとする連山を指し、雄大な自然が息づき、神々が宿る神仙でもあります。そこを訪れた山伏一行は突然の大雪に見舞われます。突如として現れた女は山伏達を自分の庵へと誘います。火をくべて暖をとり休ませると、女は自らの苦悩を語り、実は葛城明神の化身であることを明かします。化身は役行者に葛城山と吉野山を結ぶ岩橋を架ける工事を命じられたが、顔が醜いことを苦にして夜しか作業をしなかったので、ついに怒られ蔦葛で呪縛され苦しんでいると語り、救済を求めて姿を消します。後場は葛城の女神が蔦葛の這いまとった小忌衣をひるがえして、神楽、大和舞を舞い、夜明けと共に岩戸に姿を消すという、神の苦悩を描いた物語です。

 

顔容の醜さを恥じて昼は姿を現さない女神。しかも身は蔦葛で縛られ苦しみを受けている。そのような神様であることを後シテの姿を観て想像することは正直難しいです。実際に縛られた形相ではなく、醜い顔の面を付けているわけではありません。むしろとても綺麗で魅力的な表情の「増女」を付けて登場します。私は稽古を重ねる毎に、女神の苦悩理由が、どうもはっきりせず気になって仕方がありませんでした。女神が役の行者から罰を受けること、山伏の法力を頼みとすることなど、私のこれまでの生活や宗教観には当てはまらない環境設定です。さてどのようにこの能と向き合い勤めたらよいのかと、少々悩み考えました。

 

人は、いや女性は特に、自分の顔容、容色、容姿に対して引け目を持っているように思えます。太っていないのに、痩せたい、痩せなきゃ、と言います。可愛い眉毛を、こんなに生えて嫌と切ってしまいます。私から見て少しも悪くないのに欠点ではないのに嫌がるのです。それは単に、己が自分勝手に抱くコンプレックスではないでしょうか。能が葛城の神を女神に仕立てあげたのは、神も同じように劣等感があるのだから人間が持つのは当たり前、それでいいの、よくそこら辺を考えて、というのが作者の意図であり狙いであるからと思えてなりません。人はなにかに縋りたくなった時、「神様!」とお願いしてしまいますが、『葛城』の神は、そのような神ではなく、もっと人間に近い存在のようにも思われます。神を人間味あふれる話として身近に感じられる、不思議な曲というのが私の感想です。

 

また、葛城山の神(一言主神)は本来男神ですが、能『葛城』では葛城明神を女神としています。女神とするのは金峰山縁起にも見えますが、醜いとコンプレックスを感じるところや、簡単に呪縛されるという弱々しさの演出は、女神に設定した方が想像しやすいからでしょう。想像しやすいためなら何とでもする。それぐらい大胆なやり方をする能、それが魅力で、そのいい加減さの面白さが、ようやく少し判るようになって来ました。それもこれも『葛城』を再演したお陰で、それこそ神の力なのかもしれません。

 

今回、装束の選択については、一面の雪化粧をイメージして、白を基調にしました。里女(前シテ)は腰巻に白練を坪折にして着るか白水衣にするか両用ありますが、前回が坪折でしたので、今回は白水衣にしました。後シテの葛城明神は醜いといいながら、あくまでも女神です。美しさが欠けてはいけません。喜多流では本来、緋色の大口袴が決まりですが、今回は前回同様あえて萌黄大口袴に、通常は長絹を白地楽器模様の舞衣にしました。頭の天冠には赤色の蔦葛を付け、面は前後を通して「増女」を使用し、美しさを前面に出すことを心掛けました。

 

さて、原初の神々の物語には「神楽」が似合います。小書「神楽」についてもう少し掘り下げてみましょう。

 

我が家の伝書には「それ神楽の始は、昔、日神天の磐戸に引籠もり給う時、諸神集会して神事有り」と天照大神が籠もった天之岩戸の前に神々が集まり神事をして慰めたときの、天鈿女命の踊りから音楽が始まったとあります。まずは神々が手拍子をはじめ、ばらばらだった手拍手がひとつのリズムにまとまり、そこに掛け声や口笛が吹き込まれ、そのうち足拍子も入り、身近なものを叩き始める、そしてメロディーが出来上がり音楽となる。このようなリズムにあう原始音楽は単純でありながらも、なんとなく身体に躍動感を持たせてくれるリズムの音です。これが神遊と言われ「神楽」の起こりとなり、能の「神楽」へ導入されるようになったのではないか。私はそのように推測します。

 

『葛城』に小書「神楽」が付くと、後シテの舞が「序之舞」から「神楽」に変わります。「神楽」の構成は(0)序+掛、(1)初段、(2)二段、(3)三段、(4)四段、(5)五段の六段構成です。(0)から(2)までが神楽のリズム、(3)から(5)までは普通の舞となります。つまり「神楽」といいながらも実際は半分が神楽で残りは舞となり、『葛城』ではこの部分が序之舞の位となります。それは『葛城』が元来序之舞の曲であるからです。ただ、すべてを神楽で舞う「総神楽」(喜多流では五段神楽という。『巻絹』のみ)というものもあります。

 

神楽から普通の舞に変わる変わり目は幣を捨て中啓(扇)に持ち替える時です。それが変化の合図です。乗りの良いリズムの「神楽」で憑依を意識し、普通の舞に変わったときに、私はその憑依を和らげる意識で舞っています。今回の『葛城』では幣の代わりに榊を使いました。

 

「古式神楽」になると、神楽の構成の(0)の掛の序が変わります。「普通の神楽」では軽快なリズムに乗りながら八拍子の二拍目に足拍子を三度踏んで楽しげな様に演じますが、「古式の神楽」では序之舞の序のようにリズムに乗らず慎重に儀式的な足拍子に変わります。しかも三回とも踏む個所が変わり難易度も上がります。そして榊や幣を持っての神への祈りも下居して丁寧に拝み、御神事、儀礼的な雰囲気が漂います。雪が降る景色や、厳粛な儀式を想像させる太鼓の特殊な手配りは一層荘厳さを演出します。

 

今回の改作・新案は(2)の二段、後半の序之舞部分の(4)の四段を省略することで、引き締まり感を出しました。儀式の序はゆったりとはじまり、掛からリズムがやや乗ってきて、初段から憑依的な部分も持たせ、榊を捨てる時にはクライマックス、最頂点となます。その後、少し落ち着き中啓に持ち直すとやや軽めの中之舞の位となり、オロシと呼ばれる特別な譜になるところでリズムが絞まりゆったりとした舞の位になります。そしてまた次第にリズムを上げて来てほどよい乗りをと試行してみました。

 

『葛城』はしっとりとした情趣がありながら、ただ美しいだけではなく、やや陰の部分があり、それでいて、原初の神物語の神秘性と軽やかさが挨った曲です。この曲をより面白く魅せるには小書「神楽」は最適です。今回、その「神楽」を「古式神楽」で、しかも再考・創作できたことは喜びでもありました。まだまだ改善の余地はありますが、これからもっと頻繁に演じられるようになり、名称も例えば「古式」などではなく、「大和神楽」とでも変えて、変化しながら後世に残ればよい、と願っています。

*(「粟谷能の会」のホームページの演能レポートで補足&写真入りで掲載しています。ご覧いただければ幸甚です。

 シテ 粟谷明生(平成25 年10 月13 日 粟谷能の会) 撮影:青木信二

シテ 粟谷明生(平成25 年10 月13 日 粟谷能の会) 撮影:青木信二

koko awaya